12/01/2010

スマートフォンがやってきた(その1)

私が勤務している会社では、ソフトバンクBBさんと取引を始めた関係から
一部社員に評価用としてiPhoneとHTC Desireの2機種が至急支給されることに
なり、私にはHTC Desire(X06HTⅡ)が届きました。

HTC DesireはGoogleが開発したOS「android」が搭載されていることで
注目されていますね。皆さんもニュース等で目にしたことがあるかもしれま
せん。

HTCと聞いて聞き覚えがある方もお見えかと思うのですが、カベンディッ
シュが所属する「HTC Columbia」のスポンサーメーカーです。

仕事用にはレノボ社のThinkPadを使用しているのですが、ツールとしての
スマートフォンがどれだけ使えるか検証することが目的です。

まだ手元に届いて数日ですが、これまでのインプレッションを書きたいと
思います。

26日に物が届いたのですが、第一印象は”センス悪”でした。
iPhoneに見慣れているせいもあるのですが、ちょっとこれはダメですね。
このHTC Desire、既にラインナップから漏れているので旧機種になるの
ですが、最新機種は見た感じは多少マシになってます。

次に、旧携帯からの切り替えの際の不手際を少々。
2日前の11月29日に自動切り替えが行われたのですが、元のau携帯が不
通になってもなかなか開通しなくて、正直かなりイライラしました。
当初聞いていた時間帯を30分以上経ってからの切り替えには呆れました。

その際、気付いた点があるのですが、HTC Desire(X06HTⅡ)は開通し
ていないと電源OFFができないのです。
手元に届いたので、どんな感じか見てみようと思いバッテリーを付けて電
源を入れたのですが、いざ電源を切ろうと思い説明書に書かれている通り
電源ボタンを長押ししても、スリープにはなるものの電源が切れる気配も
ない。
ググったところ、これが仕様らしい。
今時、さすがにこれはあり得ないです。
仕方がないので、裏蓋を開けてバッテリーを外して強制電源OFF。
iPhone(古くは初代iPod)にもハードウェアリセット機能が装備されてい
るので、この点はさすがAppleというべきでしょう。

さらに、裏蓋がもろプラスチックなので、耐久性や質感もiPhoneに軍配が
上がります。
裏蓋を開ける際、力尽くで開ける必要があるのですが、”パキッ”っていう
嫌な音がするたびに、爪が折れていないか心配になります。

さて、実際に使ってみると、さらに欠点だらけ。

まず、日本語入力がダメ。
ガラケーのように、ボタンを何回も押す仕様。
iPhoneのようにフリッカー入力するには、フリーソフトをインストール
しないといけないらしい。
Simejiというソフトが定番らしく、仕方がないのでこれをインストール。
この作業、何だか昔のMacを思い出しました。
OS標準機能では足りず、フリーソフトなんかを沢山インストールしてい
たのですが、相性やMacOSのメモリ管理がタコだったせいか、頻繁に
フリーズしていたのです。(今はそんなことはありませんよ!)
実は、今回もいろいろ使用している際、フリーズを何回も経験しました。
その都度、裏蓋を開けての強制電源OFF。
マジあり得ね〜。

次に困ったのが、メール。
ソフトバンクの携帯では、SMS、MMSの2種類が使用できるようです。
簡単に言うと、電話番号で送信するショートメールと、パケット通信で
のeメール(xxxxxxxx@softbank.jp)となります。
スマートフォンでは、それに加えてPOPメールとGmailが使用できる仕
様になっています。
つまり4つのメールサービスを使い分けることができるのです。
HTC DesireのマニュアルにはMMSの記述がないので、てっきり
@softbank.jpのアドレスを使用したメールは使用できないと思ってい
ましたが、Android OSのバージョン2.2から、MMS用のアプリケー
ションをインストールすることで、@softbank.jpのアドレスも使用でき
ます。
自分でアプリをインストールしないとメール使えないなんて、かなりヒ
ドイですよ。
まだまだ完成度が低いことが、こんな所からも判りますね。

メールが使えるようになったので、次は電話帳(アドレス帳)です。
電話帳の移行をお願いしようと、さっそく近くのソフトバンクショップ
に行ったのですが、ここで衝撃の事実が判明。
ショップでは受け付けてくれないとのこと。
au用のPC接続ケーブルが無いためだそうですが、これくらいショップ
で準備しておいて欲しい。ソフトバンク、サービス悪すぎ。
このショップの説明では、ソフトバンクのWebサイトから2つのPC用
ソフトをダウンロードして、au携帯→PC、PC→スマートフォンの順番
で電話帳の移行ができるとのこと。
実際やってみると、Windowsのアドレス帳を経由してコピーしている
ようである。
Windowsを持っていない人はどうなるの?
とか、いろいろ考えたが、今回は法人契約である。文句は言わない。
しかし、個人でau用の接続ケーブルを持っていたので何とかなったが
こんなんでお金を払って買う人の気が知れない。

さて、電話帳は移行できた。
しかし、その電話帳がダメ。
何がダメかと言うと、検索ができない。
ある人の情報を修正しようとすると、ガラケーなら50音順別もしくは
名前で検索できるだが、Androidにはこんな機能は無い。
ひたすらスクロールして探すしかないのである。
フリーの電話帳をインストールすれば解消されるかもしれないので
この点は今後要チェック。
一応、検索ができることを確認。(12/2追記)

まだまだあるのだが、時間も遅くなったので今日はこれまで。
続きは次回に。

2 コメント:

Sky さんのコメント...

至急ではなく、支給ですよね。

「重箱の隅をつつく」ようですが、

Viva3190.net さんのコメント...

あ、ほんとだ。
お恥ずかしい。
修正しときました。